« 立ち食いそば屋で | トップページ | 弱いということ »

2004年12月 9日 (木曜日)

懐かしい昭和61年

 探し物をしていたら、昭和61年の新聞記事が出てきた。懐かしさのあまり見入っていたら懐古モードに入ってしまった。
 当時私は中学3年生、今以上に広島東洋カープの応援に力を入れていた。
・4月4日広島対中日(広島)-ペナントレース開幕。球場で観戦した試合。中日の新外国人ゲーリー選手のライトスタンド最上段のホームランに驚いた。最後登板した血行障害から復活した津田投手の球は速かった。
・4月17日ヤクルト対広島(神宮)-先発山根投手を3回途中からリリーフした新人長富投手が14奪三振。プロ入り初勝利。
・4月?日中日対阪神(ナゴヤ)-掛布選手が斉藤投手から死球を受け、骨折。
・4月29日広島対大洋(広島)-両軍合わせて42安打の乱打戦を制す。
・5月8日阪神対広島(甲子園)-小早川選手がホームランを打つ。実はこの日母親が亡くなっており、それを知らずに打ったホームランは涙を誘った。9回裏の津田投手対バース選手の対決はラジオを聞きながらドキドキした。
・5月10日広島対巨人(広島)-球場で観戦した試合。大逆転負けを食らう。
・5月17日広島対大洋(大分)-ポンセ選手の打席で三振と思ったのにボールと判定され、白武投手と達川選手が2人揃ってこけたっけ。
・5月31日ヤクルト対広島(平和台)-代打小早川選手が9回表に決勝ホームランを打った瞬間、ラジオを聴きながらガッツポーズ。
・6月7日阪神対広島(甲子園)-衣笠選手の2000試合連続試合出場試合。8回表山本浩二選手が藤原投手から同点ホームランを放ち、そのまま引き分け。
・6月8日阪神対広島(甲子園)-仲田投手に対し1安打しか打てず完封される。
・6月11日巨人対広島(仙台)-8回裏のクロマティ選手のボーンヘッドがあり延長戦へ、延長でサンチェ投手から山崎選手が勝ち越しタイムリーを放ったときはガッツポーズをしたが、その裏津田投手が原選手に同点ホームランを打たれる。津田投手のガッカリし、しゃがみ込んだ姿に自分も沈んでしった。
・6月14日広島対阪神(広島)-球場で観戦した試合。5連敗を阻止。
・6月26日巨人対阪神(後楽園)-バース選手が江川投手から打った7試合連続ホームラン(日本タイ記録)はすごかった。
・7月12日ヤクルト対広島(神宮)-レオン選手にサヨナラホームランを打たれ、思わずラジオを投げつけてしまう。
・7月17日広島対巨人(広島)-前半戦最終戦。球場で観戦した試合。競り勝つ。
・7月?日オールスター(大阪)-川藤選手の二塁上でのパフォーマンスは有名ですね。
・7月25日阪神対広島(甲子園)-後半戦開幕。9回裏北別府投手が真弓選手に同点ホームランを打たれ、ラジオを聴きながら思わずしゃがみこむ。
・7月?日阪神対巨人(甲子園)-9回裏、掛布選手のホームランかと思われた打球を吉村選手がラッキーゾーンのフェンスについてジャンプして好捕。
・8月2日広島対巨人(広島)-球場で観戦した試合。加藤初投手に完封される。
・8月3日広島対巨人(広島)-長富投手が9回表に決勝の押し出しを与え、首位陥落。
・8月?日巨人対中日(後楽園)-中畑選手が杉本投手からサヨナラホームランを打ったシーンを中継で見る。なぜかこのシーンが結構印象に残っている。
・8月12日広島対大洋(広島)-長富投手が先発し見事勝利投手に。長富投手はこの後先発で8連勝し、新人王を獲得。9回表津田投手が平田選手にホームランを打たれ、2対1になったときのベンチでの長富投手の心配そうな顔、ゲームセット後の長富投手の嬉しそうな顔が思い浮かぶ。
・8月26日巨人対広島(後楽園)-首位攻防戦で北別府投手が先発するも山倉選手に3本ホームランを打たれ大敗。ちなみに北別府投手(この年MVP・最多勝・最優秀防御率・沢村賞)は後半戦11勝1敗(前半戦7勝3敗)であったが、この試合が唯一の敗戦であった。山倉選手が3本目のホームランを打ちベンチに帰ったとき、クロマティ選手がベンチ前で土下座のパフォーマンスをしたのは腹が立った。
・8月27日巨人対広島(後楽園)-槇原投手に完封され、ゲーム差が5.5ゲームに。
・8月28日巨人対広島(後楽園)-山本浩二選手がセンター前ヒットを放ち、山崎選手が間一髪勝ち越しのホームインをした瞬間、思わずガッツポーズ。
・9月3日広島対巨人(広島)-山中選手が鹿取投手から必死のデットボール。それがきっかけとなり逆転勝ち。翌日、巨人ファンの先生から「あれはよけてないよ」と言われた。
・9月11日広島対中日(広島)-山本浩二選手が杉本投手から延長戦でサヨナラホームラン。ラジオを聴きながら思わずガッツポーズ。
・9月13日広島対ヤクルト(広島)-なぜかTV中継がなかったこの試合でも山本浩二選手が中本投手から8回裏に決勝ホームラン。ラジオを聴きながら思わずガッツポーズ。
・9月?日巨人対大洋(後楽園)-同点の9回(?)、有田選手が驚きのスクイズ。微妙なタイミングだったが判定はセーフ。これで巨人勝ち越し。怒った近藤監督がタイムをかけずに猛抗議する間にもう一人生還してしまう。
・9月23日巨人対広島(後楽園)-最後の首位攻防戦。1回表に小早川選手がホームランを打った瞬間、大声で叫んでしまう。
・9月24日巨人対広島(後楽園)-大野投手が原選手に微妙なホームランを打たれ、3塁線上で「うそ~」という風にじっと見ている姿を思い出す。この試合、原選手が津田投手のボールをファールしたとき手首を骨折した。
・10月2日ヤクルト対巨人(神宮)-クロマティ選手が高野投手から頭にデットボールを受け退場。
・10月3日ヤクルト対巨人(神宮)-前日頭にデットボールを受けたクロマティ選手が尾花投手から代打勝ち越し満塁ホームランを打つ。テレビの前で思わず「ヤクルトは巨人に勝つ気あるのか」と叫んでしまう。
・10月7日ヤクルト対巨人(神宮)-フジテレビ系列で全国中継があったのであるが、広島では広島対中日戦(4連戦の4戦目。ちなみにこの4試合で中日が挙げた得点はわずか1点!)を中継していた。6回表にクロマティ選手が逆転ホームランを打ったシーンが広島対中日戦の中継中に流れたときは「またか」と思ったが、6回裏にブロハード選手が槇原投手から再逆転ホームランを打ったシーンが広島対中日戦の中継中に流れたときは家族中大喜び。結局、荒木投手が抑えてヤクルトが3対2で勝利した瞬間、熱いものがこみ上げてきた。
・10月9日阪神対広島(甲子園)-広島は負けられない、阪神はバース選手の打率4割の望みをかけた2連戦の初戦。乱打戦になったが、最後は津田投手のタイムリーヒットで逃げ切り。お風呂の中で津田投手のタイムリーヒットを聴いていたなあ。
・10月10日阪神対広島(甲子園)-広島は負けられない、阪神はバース選手の打率4割の望みをかけた2連戦の2戦目。前日とは一転しての投手戦。8回表に高橋選手が仲田投手から貴重なホームランを打ったときは、日帰り旅行の途中で車の中にいたのであるが、皆で大絶叫。
・10月12日ヤクルト対広島(神宮)-初回の長嶋選手の満塁ホームランで優勝を確信。ラジオの前で飛び跳ねる。最後の津田投手の登板は泣けた。優勝の瞬間は頭が真っ白になった。
・10月13日ヤクルト対広島(神宮)-最終戦。引退する山本浩二選手と衣笠選手が9回表にアベックホームラン。感動した。
・10月18日広島対西武(広島)-9回裏の山本浩二選手の東尾投手から打った読み勝ちの素晴らしいホームランには、TVの前で唸ってしまった。
 一気にこれだけ思い出してしまった。あの頃のカープは強かったなあ。「ミラクルジャイアンツ童夢くん」でのジャイアンツの最大のライバルはカープ(メロディ投手(架空の少女)がカープにいたな。ロードン選手(実在)も何か印象に残っている。)だっだもんな・・・。

|

« 立ち食いそば屋で | トップページ | 弱いということ »

野球」カテゴリの記事

コメント

 ブログ拝見しました。確かに昭和61年はもう昔の話ですが、つい昨日のように思い出してしまいます。

投稿: ゆみしん | 2005年1月 1日 (土曜日) 19時37分

津田投手を検索したら、
ここにたどりつきました。

懐かしいですね。

よろしければ、私のブログもご覧ください!
では。

投稿: 柏木陽志 | 2004年12月31日 (金曜日) 09時56分

 何せ栄養費をバンバンつぎ込みましたから(*^-^)。
 ブラッグス選手は大洋の選手ではありません(93年~96年在籍。93年はすでに横浜ベイスターズでした。)のではずしました。大洋の三大外国人はあとシピン選手とレイノルズ選手と悩みましたが、やはりこの3人かなと思いました。

投稿: ゆみしん | 2004年12月11日 (土曜日) 22時34分

ゆみしんさんのサッカーネタがたけまささんの気を引くためのものだったことが図らずも露呈されてしまいました!残念!
関係ないですけど私が思う大洋の外国人黄金期はパチョレック、ブラッグスの頃ですかね~。

投稿: のぶりん | 2004年12月11日 (土曜日) 09時03分

 あ~、サッカー会の大御所たけまささんにお叱りをうけてしまった(^_^;)
 「野球はサッカー以上に詳しい」というのは見ている期間がサッカーより野球の方が長いので、それだけ良く知っているという意味です。「野球は今はオフシーズンなので・・・」というのは野球は今はオフシーズンなので書くことがなく、サッカーはまだシーズン中なので書くことがあるということですので、「やっぱりあのブログはお情けだったんだ」ではないです。ちゃんとシーズンに入ったら野球ネタもサッカーネタも書きます、と必死(?)の弁明をしてみました。

投稿: ゆみしん | 2004年12月10日 (金曜日) 12時45分

あ~っ!「とっととサッカーに見切りをつけて野球だけで行きましょうよ!」って聞き捨てならない!!「多分野球はサッカー以上に詳しいとは思います。ただ、野球は今はオフシーズンなので・・・。」ってやっぱりあのブログはお情けだったんだ・・
野球が始まるまで、サッカー系ブログはすべてレシーブするつもりで頑張ります(?)って案の定、全部読めなかったたけまさより。

投稿: たけまさ | 2004年12月10日 (金曜日) 12時32分

 最後までお読み下さいましてありがとうございます。
 多分野球はサッカー以上に詳しいとは思います。ただ、野球は今はオフシーズンなので・・・。
 ポンセ選手-1986年、大洋入団。打点王を獲得するなど大洋の中心選手として活躍したが、1990年、巨漢マイヤー選手(この年5月に広島市民球場で場外ホームランを打つ。9月(8月かも)には木田投手(巨人)から死球を受け乱闘騒ぎを起こす。)の入団により出場機会が激減。その年限りで退団した。個人的には大洋(横浜ベイスターズではない)の三大外国人(もう二人はボイヤー選手とパチョレック選手)の一人だと思っています。

投稿: ゆみしん | 2004年12月10日 (金曜日) 12時17分

たぶん全部読むのは私だけでしょう!
ゆみしんさん、かなりの野球通じゃないですか!とっととサッカーに見切りをつけて野球だけで行きましょうよ!
大洋のポンセ、懐かしいですね~。「ポポポポ~ンセッ!ポポポポ~ンセッ!」ってゆ~応援歌がかなり耳に残ってます(本当はそう言ってないんですが)。

投稿: のぶりん | 2004年12月10日 (金曜日) 09時28分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしい昭和61年:

» 山本浩二〜ミスター赤ヘル [野球温故知新]
法政大学から1968年オフドラフト1位で入団。法政三羽カラス(山本浩二、田淵幸一、富田勝)のうちの一人として注目を浴び入団した。 1年目からレギュラーにな... [続きを読む]

受信: 2004年12月24日 (金曜日) 02時11分

» マイナスは大きなプラスをはらむ [『よーし!柏木』のビジネスと恋の加速成功大作戦!]
http://blog.livedoor.jp/ryumi0626/tb.cgi/11534203 [続きを読む]

受信: 2004年12月31日 (金曜日) 09時57分

» ミニスカ プリティ・リーグ♪ [minaduki blog]
( ゚д゚)ドカーーーンっと一発! やってみよぉ〜〜およぉ〜♪ 死に物狂いのぉ... [続きを読む]

受信: 2005年4月 3日 (日曜日) 04時54分

« 立ち食いそば屋で | トップページ | 弱いということ »