« 日本人のみだとどのような結果になるのでしょう? | トップページ | B型は強かった »

2005年3月 3日 (木曜日)

今年のJ1リーグ

 いよいよ3月5日から今年のJ1リーグが開幕する。今年は18チーム1ステージ制で行われる初めてのシーズンである。そのため、リーグ戦だけで34試合もあるのであるが、それに加えてカップ戦が最低6試合あり、W杯最終予選もあるので日程が過密となっている。
 優勝争いはおそらく横浜・浦和・磐田・東京Vが中心となると思われる。
 横浜は昨年のチャンピオンで選手層の厚さはリーグ1であろう。過密日程と怪我人が心配ではあるが、優勝候補の筆頭であろう。
 浦和は昨年のセカンドステージ優勝の中心選手がそのまま在籍しており、エメルソン選手が昨年と同じくらい活躍すればやはり優勝候補と言えるだろう。主力に怪我人が出ているのが気がかりであるが。
 磐田は非常に積極的な補強を行い、特に得点力については恐らくリーグ1ではないだろうか。選手層も横浜と並びリーグ1であろう。過密日程で調子を崩さなければ十分優勝を狙える。
 東京Vは天皇杯覇者で、若手への切り替えがほぼ完了し不気味なチームになっている。序盤に負けが込まなければ優勝争いをしてもおかしくないであろう。
 さて私が応援しているサンフレッチェ広島であるが、今年は非常に積極的な補強を行った。特に昨年得点不足であったため、FWの補強が目立った。特に新外国人のガウボン選手は練習試合を見た限り得点力を期待できる選手である。もし、ガウボン選手が試合に出れなかった場合でも、ジョルジーニョ選手が控えており(この補強は非常にヒットだと思う。)、佐藤寿人選手も得点能力は高い。一方DF陣もジニーニョ選手と池田選手の加入により結構安定してきている。昨年のレギュラーであった小村選手や吉田選手の出場も危うい状況であるほど選手層が厚くなってきた。優勝候補となるとは厳しいかもしれないが、十分優勝争いに絡んでくるであろう。

|

« 日本人のみだとどのような結果になるのでしょう? | トップページ | B型は強かった »

サッカー」カテゴリの記事

サンフレッチェ広島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66479/3151439

この記事へのトラックバック一覧です: 今年のJ1リーグ:

« 日本人のみだとどのような結果になるのでしょう? | トップページ | B型は強かった »