« 痛い引き分けだが | トップページ | ビデオの混乱を繰り返すな »

2005年5月 1日 (日曜日)

厳しい結果に

 6月8日に平壌で開催予定であった、サッカーW杯アジア最終予選北朝鮮対日本戦が第3国で無観客で開催される可能性が高くなった。

北朝鮮戦は第3国無観客、FIFAが厳罰(nikkansports.com)

 確かに過去2戦の試合終了後の行為はいけないことだとは思うが、それにしても厳しい処分である。私は第3国での観客ありの開催か、平壌での無観客試合かなと思っていたのでこの決定には非常に驚いた。当然北朝鮮側は不満だと思う。最悪の場合出場辞退もありえるのではないだろうか。それにしても

ツアー会社落胆「最悪の結果です…」(nikkansports.com)

は仕方がないこととはいえ残念な結果になってしまったであろう。この場合は補償はあるのであろうか?

|

« 痛い引き分けだが | トップページ | ビデオの混乱を繰り返すな »

サッカー」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66479/3940116

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい結果に:

« 痛い引き分けだが | トップページ | ビデオの混乱を繰り返すな »