« 今日の体重(2006/8/28) | トップページ | 今日の体重(2006/8/29) »

2006年8月29日 (火曜日)

鹿島対広島戦観戦

 8月26日(土)に鹿島アントラーズ対サンフレッチェ広島戦を県立カシマスタジアムで観戦した。
 今回は昨年と違い、都合で18時頃カシマスタジアムに到着することになっていたため、京成で成田に向かい、16時8分発の香取行きに乗車する。この列車は千葉発だったため座れるかどうか心配であったが、何とか座ることができた。

 佐原に16時41分に到着。事前の予想通り鹿島神宮行きがすでに到着しており、ゆっくり座ることができた。

 17時16分に佐原を出発。17時37分に鹿島神宮に到着し、隣のホームの鹿島臨海鉄道に乗り換えて鹿島サッカースタジアム駅に到着し、カシマサッカースタジアムに到着したのは18時過ぎだった。

 到着するとすぐにスタメン発表だった。

今年もすごかった鹿島の応援こちらも負けてません

 そうこうしているうちに試合開始。前半はチャンスは鹿島アントラーズのほうが多く、少なくとも3回はひやひやもののプレーがあった。特に深井選手のシュートがポストに当たったのがもしゴールしていれば展開が変わっていたかもしれない。
 後半は一転してサンフレッチェ広島が押し捲りの試合。4分に青山選手のロングシュートが決まると、アウェースタンドは非常に盛り上がった。その後危ないシーンが2度ほどあったが、下田選手のセービングによって救われた。一方攻撃はなかなかシュートが入らずやきもきしていたが、ついに39分にオウンゴールで欲しかった追加点が入ると、後は余裕の試合運びでそのまま2対0で勝利!

 この試合は、前半我慢して0点に抑えたことが後半の怒涛の攻めにつながったと思う。新加入のダバツ選手も初めて見たが、今までの試合は結構動きが悪かったようであるがこの試合は周囲との連携がかみ合ってきたのか非常に動きがよかったように思う。結構芝の状態が悪く、両チームの選手とも足を滑らせるシーンが多かった。その中での青山選手のゴールは素晴らしいゴールであった。このゴールによりペースをつかんだが、なかなか追加点が入らない。これが下位に低迷している原因であるかもしれない。後半だけで4点は入ってもおかしくはなかった。
 さて試合が終わると昨年と同様、佐原か鹿島神宮で1時間待ちかと覚悟していたところ、何と20時46分発の臨時列車が成田行きというではないか。これは非常にありがたかった。しかもこの臨時列車は快速で、22時過ぎには成田に到着した。成田で次の列車まで30分近く待ったが、1時間待ちとは雲泥の差である。快適に帰宅することができた。今後運行するかどうか調査する意味合いがあったためかJRの職員が駅に停車するたびにどれくらい乗降客があったかをチェックしていたが、結構この臨時快速は乗客が乗っていたので、十分運行する価値はあると思う。少なくとも佐原か鹿島神宮での1時間待ちを解消するだけでも十分価値があっただろう。

|

« 今日の体重(2006/8/28) | トップページ | 今日の体重(2006/8/29) »

サッカー」カテゴリの記事

サンフレッチェ広島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66479/11656270

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿島対広島戦観戦:

« 今日の体重(2006/8/28) | トップページ | 今日の体重(2006/8/29) »